2020年3月19日

長野の木曽、妻の実家から関東に戻り撮影。

 

夜中音がするのでゴソゴソと電話に出ると「破水したので病院に行く。昨日転んだからかな」と妻からだった。

寝起きでもあり少し混乱しているのか、まず考えたことは洗濯しなきゃだった。

 

午前2時半。始発まで時間があるので、パソコン作業や部屋の掃除。

 

200320-01BLOG.jpg

一番早いのは、長野まで新幹線で行き引き返して松本。

とりあえず東京駅に向かっていると「そんなに急じゃないから、新宿より特急で来な」と連絡が入り、妻も落ち着いているようだしそうすることにした。

 

200320-02BLOG.jpg

 

200320-03BLOG.jpg

 

200320-04BLOG.jpg

 

車窓から仕事に行く人たちを眺めていると、いろんな今日があるんだなと改めて思う。

 

200320-05BLOG.jpg

 

200320-06BLOG.jpg

 

午前10時病院に着くと元気そう。

よかった。

 

200320-07BLOG.jpg

 

200320-08BLOG.jpg

 

初めて赤ちゃんの心音を聞き感動していると、妻が苦しみだす。

身体をさすっていると亡くなった母の病床を思い出し少し辛いが、今回は嬉しいことだ。

 

200320-09BLOG.jpg

 

200320-10BLOG.jpg

 

200320-12BLOG.jpg

 

200320-13BLOG.jpg

 

200320-14BLOG.jpg

 

200320-15BLOG.jpg

 

200320-17BLOG.jpg

 

200320-18BLOG.jpg

 

200320-19BLOG.jpg

 

200320-20BLOG.jpg

 

身体を起こした方が赤ちゃんが降りてくるとのことで歩いてみたが、10分くらいで限界だった。

 

200320-22BLOG.jpg

 

200320-23BLOG.jpg

 

200320-24BLOG.jpg

 

200320-25BLOG.jpg

 

200320-26BLOG.jpg

 

200320-27BLOG.jpg

 

痛みで胃の中のものをもどす。

どんだけ痛いんだよ。

 

200320-28BLOG.jpg

 

200320-29BLOG.jpg

 

200320-30BLOG.jpg

 

200320-31BLOG.jpg

 

200320-32BLOG.jpg

 

妻の友達が偶然産科で働いていて、この日は夜勤明けの休みなのに来てくれる。

慣れたもので妊婦さんの扱いが上手い。

妻も心強いと言っている。

 

200320-33BLOG.jpg

 

19時10分分娩台へ。

 

200320-34BLOG.jpg

 

これまた何日か前に妻が偶然出会った看護師さんも応援に駆けつけて、みんなで大声出しながらワイワイと1時間強。

途中頭が引っかかりながらも、20時25分生まれる。

映像で見ていた他人の出産は泣いていたが、涙は出なかった。

 

200320-35BLOG.jpg

 

妻は赤ちゃんに「転んでごめんねー...」。

 

200320-36BLOG.jpg

 

200320-37BLOG.jpg

 

200320-38BLOG.jpg

 

赤ちゃんに圧迫されていた胃も戻り、すぐに食べ出す。

たくましい。食え食え。

 

200320-39BLOG.jpg

 

翌日、なんだか世界が美しい。

何気ない風景も輝いて見える。

 

200320-40BLOG.jpg

 

200321-41BLOG.jpg

 

おっさんみたいなちょいブサで好み。

ようこそ。

 

200321-42BLOG.jpg

 

200321-43BLOG.jpg

 

200321-44BLOG.jpg

 

200321-45BLOG.jpg

 

200321-46BLOG.jpg

 

2020年3月19日 20時25分。男児。