似て非 works "見えない再生" R16 STUDIO

似て非 works "見えない再生"  R16 STUDIO

 

https://youtu.be/lqvQ9Uw929w

 

2010年、稲吉稔(美術家)渡辺梓(役者)と有志と共にアートプロジェクト「似て非 works株式会社」を設立

同年に横浜の中でも、多国籍な下町、中区若葉町の昭和41年築の金庫室のある元銀行の5階建ての古ビル感を活かした「日常とアート」をテーマとしたアートスペース「nitehi works」(ニテヒワークス)を2010年より2016年まで6年間、生活拠点を其処に置き、運営をして来ました。
翌年、2017年に、その裏通りの、元運輸会社の昭和41年築の2階建て古民家に拠点を移して[Up cycling love at art]又は「ゆたかなイばしょのさがしかた」と言うタイトルで、町の中に開いて、活動を続けています。

一度役割を終えた「元何か」 言語や文化、多くの「違い」から、個人の創造力が、他者と重なり合う事により、これまでの境界や制約上には無い予想外で自由な、無限の共有違言語が、世界のローカルに生まれ育って行くと考えています。
『nitehi works』とは、似て非なる「似ている様で異なる」という意味に加え、そこならではのモノやコトに変換するという意味で名付けられ、場の名でもあり、活動の名でもあり、元何かから移り変わるプロセスの名でもあります。
日常の中で見過ごさられがちな、消費しない「価値」や「資源」を探し出し「そこにしかない、そこだからこそ生まれる『気付き』」を活動の軸としています。
あらゆるジャンルが交差する場を作り、より身近な処から、偶然にも余白が美しい絵画が生まれる様な感覚を、多くの方々と共に、暮らしの中に探して行きたいと考えています。

 

代表 美術家 稲吉 稔 / 俳優 渡辺 梓

トラックバック
この記事のトラックバックURL