ZOU-NO-HANA NIGHT CONCERT mama!milk Quartet PHOTO

mama!milkさんの横浜象の鼻テラスでの、Quartet CONCERTを撮影させてもらいました。

 

190321-33BLOG.jpg

 

190321-02BLOG.jpg

 

190321-01BLOG.jpg

 

190321-03BLOG.jpg

 

190321-04BLOG.jpg

 

190321-05BLOG.jpg

 

190321-18BLOG.jpg

 

190321-06BLOG.jpg

 

190321-14BLOG.jpg

 

190321-11BLOG.jpg

 

190321-31BLOG.jpg

 

190321-07BLOG.jpg

 

190321-08BLOG.jpg

 

190321-09BLOG.jpg

 

190321-10BLOG.jpg

 

190321-12BLOG.jpg

 

190321-13BLOG.jpg

 

190321-16BLOG.jpg

 

190321-17BLOG.jpg

 

190321-20BLOG.jpg

 

190321-32BLOG.jpg

 

190321-21BLOG.jpg

 

190321-25BLOG.jpg

 

190321-26BLOG.jpg

 

190321-27BLOG.jpg

 

190321-29BLOG.jpg

 

190321-30BLOG.jpg

 

190321-37BLOG.jpg

 

190321-38BLOG.jpg

 

2019年3月20日(水)

ZOU-NO-HANA NIGHT CONCERT
mama!milk Quartet

[ 横浜 ] 象の鼻テラス ZOU-NO-HANA TERRACE

 

□ mama!milk Quartet
生駒祐子:アコーディオン
曽我大穂:フルート, テープレコーダー etc.
林 正樹:ピアノ
清水恒輔:コントラバス

□ 蓄音機再生・選盤: 笠原 彰二(ジャズ喫茶 ちぐさ)

 

mama!milk
清水恒輔、生駒祐子によるユニット。1999年1st.アルバム発表以降、京都を拠点に各地で音楽を紡いでいる。
ワルツやタンゴ、クラシックや実験音楽などを叙情豊かに行き交う楽想は「Japanese New Exotica」、あるいは「旅へいざなう音楽」とも称される。
近年は、折々に自由なアンサンブルを編成しながら、海辺の廃墟や、親密なホール、工場跡などで録音されたアルバム作品や、劇場、石畳の広場、客船、寺院、インスタレーション作品など、様々な場の音の響きと楽器の生音を生かしたサイトスペシフィックな演奏会が国内外で話題となる中、 2018年には、バルセロナや沖縄のギャラリーでセッションを重ねてきた曽我大穂と金沢「Voyage, musique & vie by白鷺美術」で,林正樹と東京「mama!milk in sonorium vol.2」で共演。いずれも大好評を博し、2019年、満を持して両氏を迎えたカルテットを編成。  

トラックバック
この記事のトラックバックURL