ヒューマンクレスト企業CM

 ライブ会場でよくお会いしている謎のおじさまジンさんが働く会社、株式会社ヒューマンクレストグループさんの映像作らせてもらいました。髭ロン毛ギタリストのSHUNSHUNも出てきます。

 

IT業界を撮影するのは初めてで刺激的だし、働いている人たちも幅が広くて面白い撮影でした。

カメラを持っているといろんな人に会える。幸せです。

https://youtu.be/jdo83bWTi-Q

 

代表メッセージ

『変革と研鑽』の意味するところ

 

代表メッセージ

株式会社ヒューマンクレストはIT検証業務に関った3年目から「IT分野における品質改善ベンダー」を標榜してきました。最終的には「IT分野におけるサービス保証」までその業務領域を広げていくことを事業目的としております。このことは、私共が掲げている企業理念(HCミッション)を具現化したものだと考えております。

 

【HCミッション】HC-Core Value

  • (1)誰も真似できない品質やサービスを組み合わせて、提供する「オペレーショナル・エクセレンス」
  • (2)顧客を深耕することで、その関係性を強化する「顧客との親密度」
  • (3)未知の発見を新サービスにする「サービス・リーダーシップ」

この【HCミッション】を単なるお題目ではなく、「全社員の行動を規定する言葉」に置き換えて全社員が常に目にすることが可能なカタチにしたいと考えた結果が、私共の名刺のショルダータイトルとなっている「変革と研鑽」です。 故P.F.ドラッカー教授は『チェンジ・リーダーの条件』という書物の中でこう述べてます。

 

【変化はコントロールできない。できることは、その先頭に立つことだけである。】

我々も変化の激しいIT分野において「こうありたい。」、いやむしろ「我々のような弱小企業としてはこうでないと成長どころか生き残っていくことすら覚束ない。」と常に危機感を全社員で共有したいと考えました。

一時的な成功体験に驕らず、「変革と研鑽」を怠ることなく「常に変化の先頭に立って」、弊社のサービスを選択してくださったお客様に対して「気付き」と「満足」という結果を提供することが、我々の当然の使命だと社員一同認識しております。

 

株式会社ヒューマンクレスト
代表取締役 渡辺 義孝
トラックバック
この記事のトラックバックURL