野田昌志の映像と写真
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
TweetsWind
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
藤原の写真
0

    4年くらい前に友人から「どんな人が自分をフォローしてくれたか知りたいのもあって、フォローし返すんだよねー。」と聞いて、 面白そうだと自分もフォローし返すようにしている。

    鍵さえかかってなければInstagramでもそうで、 タイムラインに流れてくる写真を見ながら会ったことのない人の生活の一部を見せてもらっている。

     

    近ごろは、@ccr_toiroという人のウェディング写真が気持ち良く楽しみにしているけれど、そもそも知った人なのかなーと思ってプロフィールを見てみるとなんか聞いたことあるなーと思うyasushifujiwara…

    初見では見落としていたけれど、 どーも学生時代の数少ない友人のオッサンこと藤原でうおお!! !と燃え上がりつい連絡してしまいました。

     

    フォトジャーナリズムについてよく話していたオッサンは、同じ年やけど若くして子供を授かり、 ウェディング写真の仕事をずーっと頑張っていたようだ。

    もうその息子も18歳くらいではないやろうか。凄い。

     

    思えばオッサンのウェディング写真を見るのは初めてで、やり過ぎないけど練りこまれた気持ちの良いウェディング写真をもっと見せてもらいたく、 そして盗みたいなーと思いながらオッサンの写真人生に嬉しい驚きをもらいました。

     

    記憶なんてあいまいなもんだよ。 #wedding #film

    yasushifujiwaraさん(@ccr_toiro)がシェアした投稿 -

    | etc | 14:16 | - | trackbacks(0) | pookmark |
    無題
    0

      恵比寿に撮影で3日間通った。

      3時間くらい空いた時間が出来たので、長い間改装で休館していた東京都写真美術館に展示を見に行く。

      地下から3階までの展示を見ながら、10代とか20代とかの僕は、早くこんなとこでどーんと展示したいなあと考えていたなと頭によぎった

      僕の生まれた八女市には、何軒かの写真館があり、ナショナルジオグラフィックや荒木経惟さんの写真に夢中だった自分は、俺は大きいところで写真撮るぞー!などと写真館の前を通りながら考えていたように思う。

       

      一昨年、関東で撮影をしていた自分に姉から「母ちゃんの綺麗か写真が、青木写真館のとこに飾ってあるよ!」とメールが来た。

      その何ヶ月か前に末期癌を宣告された母が、自分の遺影のために家族に相談せず、撮影してもらったものが飾られているらしい。

      帰郷した僕が姉と歩いて見に行くと、凛とした母が青木写真館のショーウィンドウにいた。

      母の強さが写り込んだ良い写真だった。

       

      それから1年半、母は闘病し2016年の10月に逝った。

       

      四十九日で帰ると親父に、青木写真館から母ちゃんの写真ば2枚くらい追加で焼いてもらってくれんか?俺は今、iPodで聴く音楽とこの写真に助けられとるけん。もっと飾りたいとよ。と言われて始めて青木写真館を訪ねた。

       

      入り口に置いてある呼び鈴を押すと、僕よりも何歳か年上らしい館主が出てきた。

      2枚の焼き増しと母を凄く綺麗に撮ってもらってありがとうございます。と伝えた。

      今商店街でくじ引きをやっているので引いてください、といわれたのでくじを引くと酒や米が当たった。

      帰りの車を運転しながら、若い時はつまんねえ写真だなと思っていたかもしれないその写真の良さが、分かるようになった。それともなってしまったとかな、などと考えていた。

      しかし写真で記録することの大事さを改めて思い、撮り続けようとも思えた。

      家には3枚の同じ写真が飾られている。

      | etc | 18:14 | - | trackbacks(0) | pookmark |
      八女のロマン
      0

         福岡の地元八女で"八女移住計画「八女のロマン」"というプロジェクトに参加させてもらっています。

        やるぞー。

        | etc | 19:13 | - | trackbacks(0) | pookmark |
        Bar Chit Chat 12th Anniversary
        0
           嬉しいことに名前が。Bar Chit Chat 12th Anniversary。


           

          「Bar Chit Chat 12th Anniversary Live Party! 」

          2016.4/16(土) @横浜Thumbs Up
          http://stovesyokohama.com/

          open15:30 start16:20~4:20

          前売り4200円 当日5000円

          ※限定250名/先着入場順

          【LIVE】
          ●東田トモヒロ&The Roasters with 長崎真吾

          ●光風&GREEN MASSIVE

          ●CHAN-MIKA BAND SET

          ●Soulcrap

          ●児玉奈央(YoLe YoLe)&Magical echo land
          [satoshoko/越野竜太(らぞく/(仮)ALBATRUS)/TOMOHIKO HEAVYLOOPER(HOMARE/ex.SUPER BUTTER DOG)/Peace-K ((仮)ALBATRUS)]

          ●金佑龍

          ●F.I.B JOURNAL DUO+1

          ●アオバトラス(笑)[AO YOUNG(dachambo)/越野竜太(らぞく)/Peace-K] & Leyona

          ●T字路s

          ●Kouchie Riddim Section[Kouchie/Yaggy/Ari fr.Reggaelation independAnce] &外池満広(Dry&Heavy) &西内徹
          meets 千尋、内田コーヘイ(TUFF SESSION)、TAKERU(ANBASSA)、山崎円城(F.I.B JOURNAL)

          ●青谷明日香

          ●ハモニカクリームズ

          ●kentarow&Rei(Chit Chat)

          ●バセルバジョン

          ●Destroy the Babylon

          【opening movie&Live show】
          (Live startの16:20までお楽しみください)
          Live:●EXOTICO DE LAGO
          Movie:●野田昌志+Radi_O_Graph

          【Decolation】
          ●Peacenic
          ●にじウロコ(omigoto)
          ●村のバザール

          【DJ】
          ●Moc(Powers)
          ●山崎円城(F.I.B JOURNAL)
          ●長久保寛之(EXOTICO DE LAGO)
          ●KTa★brasil
          ●Taiki(Soulcrap)
          etc

          | etc | 14:18 | - | trackbacks(0) | pookmark |
          スペクテイター"発酵のひみつ"
          0
             雑誌Spectatorの"発酵のひみつ"で、Yorocco Beerの写真を使ってもらっています。



            スペクテイター35号・2016年1月8日発売

            特集「発酵のひみつ」

            パン、日本酒、納豆、醤油、味噌…日本人の暮らしに欠かせない発酵食品。その調理法だけでなく、歴史や文化、生産者の哲学、カルチャーに焦点をあてた、「ひと味ちがう」発酵特集です!

            ■発酵 Q & A

            ■The History of Bread & Beer

            イラストレーション/相馬章宏

            ■発酵デザイナー小倉ヒラクの案内する発酵世界のあるきかた

            取材・文/赤田祐一

            ■HAKKO TIMES

            文/神田桂一、瀬能笛里子、編集部

            ■田舎のパン屋と経済

            鳥取県智頭町〈タルマーリー〉店主・パン職人 渡邉格 & 女将 渡邉麻里子
            取材・文/赤田祐一 撮影/宮脇慎太郎

            ■海賊のパン屋さん

            兵庫県西宮市〈Pirate Utopia〉パン職人・川邉雄 & TARA
            取材・文/ハーポB 撮影/宮脇慎太郎

            ■HAKKO A LA CARTE

            スタイリング/本間良二 カメラ/阿部健

            ■自然酒と発酵ムーブメント

            千葉県香取郡神崎町〈寺田本家〉24代目当主・寺田優 & 神澤則生(トージバ事務局長)
            取材・文/尹美恵

            ■世界一ちいさなビール工場〈ヨロッコビール〉ビール職人・吉瀬明生

            取材・文/青野利光 写真提供/野田昌志

            ■人類皆菌類!

            神奈川県鎌倉市〈パラダイス・アレイ〉パン職人・勝見淳平
            取材・文/青野利光  写真提供/内木洋一

            ■漫画ドブロク物語

            漫画/菅野修

            ■ニューヨークの発酵食ムーブメント

            取材・文/金田トメ善裕

            ■バンクーバーの発酵食ムーブメント

            取材・文/太田明日香

            ■やってみよう! 発酵クックブック

            イラスト/makomo

            ■もっと発酵を楽しむための本

            選/編集部

            □第二特集 御供さんという編集者がいた

            ***

             

            スペクテイター 35号
            発売/2016年1月8日
            定価/952円+税
             

            発行/有限会社エディトリアル・デパートメント
            〒380-0921 長野県長野市栗田606-3
            TEL:026-267-5522 FAX:026-267-5523
            opinion@spectatorweb.com
            www.spectatorweb.com

             

            ISBN:978-4-344-95294-2
            BBBN:4-344-95294-4


            https://youtu.be/lR8h59i0k08


            https://youtu.be/qaf0-CrjOzs

             

            これまで撮影させてもらった写真と映像。
            | etc | 20:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
            POW! WOW! JAPAN 2015
            0

               10月17日から開催されるPOW! WOW! JAPANで、9日間撮影と編集で参加させてもらいます。

              http://powwowjapan.com/
               

              ARTISTページの写真は、Jarrinが2011年にA Hopeというイベントで撮ってくれた写真です。
              POW! WOW! JAPANは入場無料でやっています。
               

              先月行われたプレイベントの写真と映像>>
              POW! WOW! JAPAN 2015 SECRET MURAL SHIBUYA, TOKYO PHOTO
              POW! WOW! JAPAN 2015 SECRET MURAL SHIBUYA, TOKYO Instagram MOVIE
               
              | etc | 16:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
              光風&GREEN MASSIVE 3rd Album『暁より』
              0
                 28日に発売になる、光風&GREEN MASSIVEの3rd Album『暁より』のデザインで写真を使ってもらっています。
                今回も関わることができて嬉しいです。

                PHOTO>>
                光風&GREEN MASSIVE Recording PHOTO


                『暁より』
                t.1 暁より/ t.2 赤い色 / t.3 内部告発 / t.4 告発DUB / t.5 Rock Fort Rock  
                t.6 Asia Unite / t.7 春の朝 / t.8 マリアンナ / t.9 愛すべきこの世界へ  
                t.10 夢風 / t.11 暗がりに立つ人々よ
                | etc | 20:43 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                YAMEBOJOU #02
                0
                   編集長のウメノさんに誘ってもらい、福岡の地元八女の本「YAMEBOJOU #2」で16年くらい前の写真と文章を載せてもらっています。
                  180mm×222mm/フルカラー24ページ。400円(税込)です。

                  こちらは創刊号>>YAMEBOJOU#1

                  写真はちくちっくさんより。
                  | etc | 17:57 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                  つながった世界─僕のじゃがたら物語
                  0
                    じゃがたら」の元ギタリストOTOさんの本「つながった世界─僕のじゃがたら物語」の文中で、写真を使ってもらっています。
                     高校の時に熊本までCDを買いに行き、写真家の事務所時代に初めて会い、九州で写真を撮っていた時にお世話になったOTOさんの本に自分の名前があるのは嬉しいです。


                    ■じゃがたら
                    80年代に活躍したファンク・ロック・バンド。1979年にデビューし、フロントマンの江戸アケミが、ステージ上で蛇やニワトリを生で食べ、放尿、脱糞などを行ない、マスコミから“キワモノバンド”として注目される。こうしたイメージを吹っ切るかのようにレコーディングに専念し、1982年に1stアルバム『南蛮渡来』をリリース。ジャパニーズ・ファンクの傑作として高く評価された。1989年にアルバム『それから』でメジャー・デビューを果たしたが、翌1990年にアケミが自宅バスルームで溺死。永久保存という形で活動にピリオドを打った。


                    Amazon

                    ■つながった世界──僕のじゃがたら物語

                    OTO+こだまたけひろ 著

                    本体2,200+税
                    四六判 256ページ
                    2014年11月26日発売
                    ISBN:978-4-907276-24-9

                    ■目次

                    1
                    古い記憶
                    ギターを弾く
                    ラジオを聴く
                    吉田拓郎にハマる
                    キャロル、シュガー・ベイブからミュージカルにATG
                    MARIA 023


                    じゃがたら
                    『南蛮渡来』のレコーディング
                    ザッパ的に言えば日本なんて
                    バビロンから抜け出せ
                    アケミの分裂
                    君と踊りあかそう日の出を見るまで
                    新生じゃがたら
                    JBよりもフェラ・クティ
                    エンジニアの役割
                    「OTOは俺を殺す気か」
                    『ロビンソンの庭』の混沌
                    リズムセックス
                    〝あの娘〟の意味
                    アケミの言葉
                    メジャー・デビュー
                    東京ソイソース、アケミとの乖離
                    もういい加減にやめたい
                    苛立ち
                    つながった世界
                    中産階級ハーレム
                    脳みそはそよ風に溶けて
                    寿町フリーコンサート
                    じゃがたら最後の曲
                    アケミの死
                    ビブラストーン、雷蔵、Tangosへ
                    思い出深いソロ・ワークス
                    近田さん
                    陣野俊史『じゃがたら』
                    どっちの暮らしがリアルなんだ?


                    9・11
                    9・11後のアクション
                    サヨコオトナラ始動
                    自然のリバーブ
                    キョンキョンの朗読
                    音楽の新しい機能性
                    森へ
                    土と平和の祭典
                    あがた森魚さん
                    三つのグナ
                    踊るんだけど心は静か
                    中野のおっちゃん
                    鮎川さん、こだまさん
                    じゃがたらお春1979LIVE
                    ラビと出会う
                    グラウンディングの意味
                    モリノコエ
                    新たな音楽を求めて
                    3・11
                    それから
                    いずみ村の話
                    農園の日常
                    正木さんの「あなた」
                    みんなで「カンダナ」を歌えたら
                    結婚
                    今日もここまで来たのさ

                    上記書籍内容は、ele-kingさんより引用させてもらいました。

                    | etc | 08:45 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                    YAMEBOJOU
                    0
                       僕の地元、福岡県八女市の梅野さんが八女の情報誌「YAMEBOJOU」を創刊しました。
                      フィルムで撮っていた頃の写真と、ちょっとした文章を載せてもらっています。
                      八女でしか買えないみたいですが、創刊号はB5変形判、カラー20ページ。400円(税込)です。

                      八女関連>>
                      写真は土橋事変さんより。
                      | etc | 07:01 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/3PAGES | >>