Alice Phoebe Lou Japan Tour 2018 "Take Flight"

Alice Phoebe Lou Japan Tour 2018の映像が出来ました。

曲はアルバム「Orbit」から"Take Flight"を、Aliceの許可得て使わせてもらっています。

 

MCやライブ音で映像を繋いでいくとか、いろんなことを考えて撮っていたのですが、

別れの曲でありながら前に進もうというこの曲が、ツアーを終えて去っていくAliceの後ろ姿に重なり使わせてもらうことにしました。

実力もあり人格者でもある彼女たちは、これからもっと有名になっていくのだろうけど、

この時期に一緒に動いていろんなことを吸収できたのは、自分にとっても良い時間になりました。

そのツアーの一端を少しでも感じてもらえれば幸いです。

https://youtu.be/2y9D_1a2iys

 

Alice Phoebe Lou

 

南アフリカの山の裾にて、両親のレコードを聴きながら、大好きな演劇、美術、そして音楽を、地元のシュタイナー学校で学び、彼女の独自性と、枠に捉われない、あらゆるスタイルの音楽を体験したいという精神を育む。

 

複数分野にとんだクリエーティビティーと、将来への冒険心が身を結び、2010年、16歳のアリスは、ヨーロッパを放浪。 パリの路上のファイヤーダンサー達にインスピレーションをうけ、彼女自身も旅の資金を調達 するがために路上でバスキングを開始。 放浪中にたどり着いたベルリンの魅力にどっぷりとのめり込み、その放浪的なライフスタイルをクリエイティブな原動力として、ベルリンでのストリートパフォーマンスをベースに活動を開始する。

 

ベルリンの妥協を許さぬアーティストコミュニティー、ストリートでの演奏がアリスの音楽を育み、彼女は次第に、アコースティック、エレクトリック、ジャズミュージシャン達とセッションを始め、その中で出会った、マルチインストロメンタリスト、マテオとユニットを結成。 この頃には既に何社からのメジャーレーベルからのオファーを請けるも、彼女はファンとの親密なな関係、自由な作品の創造を重んじ、ベルリンとケープタウンの両都市にて、五人のプロデューサーを起用した初の作品集 「The Momentum EP 」をセルフリリース。

 

その後もストリートパフォーマンス、メジャーアーティストとの共演などを繰り返し、2016年に枠に囚われない彼女のフリーなライブスタイルを凝縮したフルアルバム、[Orbit]をリリース。

 

美しいルックスと、世界を放浪して培った経験、生まれ持った自由な精神から紡ぎ出された、レトロビートニックメロディーと称される独自のスタイルで、今世界中で注目を集め始め、去年よりヨーロッパを中心にWorld Tourを開始。 ベルリン、ロンドンでのTEDやSXSWでのパフォーマンス、RODRIGUEZの南アフリカ・ツアーでのオープニングなどが話題となった。

2018年7月初めてのジャパン・ツアーと、アルバム「Orbit」(ボーナストラック付き)の日本発売が決定。

今ベルリンで最も注目すべきアーティストである。

Kensuke Takahashi×Luise Ono×Ayaka Nishitani @ かまくら横丁 由比ガ浜海水浴場

Alice Phoebe Lou Japan Tour 2018 PHOTO

Alice Phoebe Lou Japan Tour 2018。

素晴らしかった。

みんなありがとう。


2018.07.07 @OCEAN PEOPLES’18(代々木)
2018.07.08 @TurnTable(渋谷)
2018.07.09 @晴れたら空に豆まいて(代官山)
2018.07.10 @月見ル君想フ(青山)

20180711-74BLOG.jpg

続きを読む >>

Alice Phoebe Lou Japan Tour 2018 short movie

Kensuke Takahashi UMITOMO

LOOP magazine Vol.25 “Hello Bicycle Boys”

ストリートバイシクルカルチャーマガジン、LOOP Magazineで写真を何枚か使ってもらっています。

大好きなジチョーと、GrassRoots Yokohamaにもお邪魔しました。

 

第51回木曽漆器祭 奈良井宿場祭

妻と廻った、木曽漆器祭・奈良井宿場祭の映像作りました。
嫁が20年ぶりに見た、地元のお祭り。
その土地それぞれのお祭りがあるもんだなあと、再認識出来ました。

https://youtu.be/m4YA68dj1Gs

第51回木曽漆器祭 奈良井宿場祭 PHOTO

 第51回木曽漆器祭 奈良井宿場祭に行き、祭りの熱に浮かされて3日間歩きまわった。

妻は20年ぶりの地元のお祭りだと言う。

嫁の母校の小学生たちが「よろしくお願いしまーす!」とチラシを配りながら歩いているのを見ていると、少し遠いところで産まれた嫁の子供時代が少し見えたような気がする。

久しぶりーと旧友と声をかけ会える祭りとは良いものだなと、妻の後をちょこちょことついて行って、ひぐらしの声を聴きながら撮影していた。

 

20180603-06BLOG.jpg

続きを読む >>

W.Ru MOVIE

 本厚木 W.Ru Movie。

DRAGON76

 

本厚木 W.Ru PHOTO

 本厚木 W.Ru。6月6日OPEN。

 

ペイント期間は、ちょっと早い夏休みのような時間。

DRAGON76

最高でした。

 

20180521-23BLOG.jpg

続きを読む >>